Loading...
  • 信じることの大切さ、無垢な夢の輝きを感じさせる、少年レミの波瀾万丈の物語
    たとえどんなに過酷な境遇に置かれても、明るい未来を信じて誠実にがんばれば、きっと幸せがやってくる。そんな普遍的なメッセージが人々の胸を打ち、世界中で愛されてきた19世紀フランス児童文学の名作「家なき子」。この作品をフランスで完全実写映画化した『家なき子 希望の歌声』が、ついに日本へ上陸する!
    11歳の少年レミは、田舎の農村で優しいママと貧しいながらも幸せに暮らしていた。ところがその家に、長い間パリへ出稼ぎに出ていたバルブランが帰ってきたところから、レミの運命が急変する。バルブランはレミに「お前は10年前にパリで、高級な産着にくるまれ捨てられていた赤ん坊だ」と告げ、旅回りの老芸人、ヴィタリスに売り飛ばしてしまう。だが、情の深い親方ヴィタリスに歌の才能を見いだされ、犬のカピ、猿のジョリクールと親交を深めながら、懸命に旅を続けるレミ。さまざまな出会いや困難が渦巻く冒険の果てに、レミを待ち受けていた運命とは……?
  • 世界中で感動を呼んだ名作児童文学を、本国フランスで完全映画化!
    フランスの作家、エクトール・アンリ・マロが1878年に発表した原作は、日本でも3度にわたりアニメ化され、親しまれてきた。この物語を今回、現代にも共感を呼ぶ感動のドラマとして再生したのは、フランスの気鋭、アントワーヌ・ブロシエ監督。彼は、とくに物語における“心の絆”、“信じること、信じ合うことの大切さ”に着目。作品に深みをもたらすとともに、子ども時代のキラキラした夢やときめきを感じさせ、子どもたちはもちろん、大人の心をもがっちり掴む。また、レミに歌い手としての天賦の才を与えたことで、原作にはなかった音楽の力を存分に発揮。澄みきったレミの歌声と豊かな音楽性が、物語をよりドラマティックに彩っている。さらに、レミが幼少期を過ごした村や、一座と旅するフランスの美しい風景を壮大なロケーション撮影で表現。シネマスコープの大画面で堪能できることも大きな魅力だ。波瀾万丈の冒険にハラハラしつつ、人と人との心の通い合い、胸を締めつける別れと出会い、レミの奮闘と温かい結末には、きっと涙を誘われずにはいられないだろう。
  • フランス映画界の至宝が集結した、豪華キャストの共演
    そして注目すべきは、まさに完璧と言うべきキャストの豪華さだ。ショッキングな事態に見舞われながらも前向きに歩んでいく少年レミには、オーディションで見いだされたマロム・パキン。撮影当時11歳だった彼はもちろん美しい歌声も披露。そのけなげさと勇敢さ、無垢なかわいらしさは観る者を魅了する。レミを導くヴィタリスには、『愛と宿命の泉』『メルシィ!人生』のフランスを代表する俳優、ダニエル・オートゥイユ。レミの育ての親、バルブラン夫人には『スイミング・プール』のリュデュヴィーヌ・サニエ。レミの人生に影響を与えるハーパー夫人には、『ザ・ビーチ』のヴィルジニー・ルドワイヤン。少年時代を回想する老いたレミ役には、『ニュー・シネマ・パラダイス』のジャック・ペランがあたり、味わい深い演技を見せている。レミと友情を育む忠犬カピ、キュートな猿のジョリクール役で、サーカスで芸の訓練を受けたボーダーコリーのダークネスとタレントとしての経験豊富なオマキザルのティトが見せるエモーショナルな名演も、忘れがたいアクセントになっている。
たとえどんなに過酷な境遇に置かれても、明るい未来を信じて誠実にがんばれば、きっと幸せがやってくる。そんな普遍的なメッセージが人々の胸を打ち、世界中で愛されてきた19世紀フランス児童文学の名作「家なき子」。この作品をフランスで完全実写映画化した『家なき子 希望の歌声』が、ついに日本へ上陸する!
11歳の少年レミは、田舎の農村で優しいママと貧しいながらも幸せに暮らしていた。ところがその家に、長い間パリへ出稼ぎに出ていたバルブランが帰ってきたところから、レミの運命が急変する。バルブランはレミに「お前は10年前にパリで、高級な産着にくるまれ捨てられていた赤ん坊だ」と告げ、旅回りの老芸人、ヴィタリスに売り飛ばしてしまう。だが、情の深い親方ヴィタリスに歌の才能を見いだされ、犬のカピ、猿のジョリクールと親交を深めながら、懸命に旅を続けるレミ。さまざまな出会いや困難が渦巻く冒険の果てに、レミを待ち受けていた運命とは……?
フランスの作家、エクトール・アンリ・マロが1878年に発表した原作は、日本でも3度にわたりアニメ化され、親しまれてきた。この物語を今回、現代にも共感を呼ぶ感動のドラマとして再生したのは、フランスの気鋭、アントワーヌ・ブロシエ監督。彼は、とくに物語における“心の絆”、“信じること、信じ合うことの大切さ”に着目。作品に深みをもたらすとともに、子ども時代のキラキラした夢やときめきを感じさせ、子どもたちはもちろん、大人の心をもがっちり掴む。また、レミに歌い手としての天賦の才を与えたことで、原作にはなかった音楽の力を存分に発揮。澄みきったレミの歌声と豊かな音楽性が、物語をよりドラマティックに彩っている。さらに、レミが幼少期を過ごした村や、一座と旅するフランスの美しい風景を壮大なロケーション撮影で表現。シネマスコープの大画面で堪能できることも大きな魅力だ。波瀾万丈の冒険にハラハラしつつ、人と人との心の通い合い、胸を締めつける別れと出会い、レミの奮闘と温かい結末には、きっと涙を誘われずにはいられないだろう。
そして注目すべきは、まさに完璧と言うべきキャストの豪華さだ。ショッキングな事態に見舞われながらも前向きに歩んでいく少年レミには、オーディションで見いだされたマロム・パキン。撮影当時11歳だった彼はもちろん美しい歌声も披露。そのけなげさと勇敢さ、無垢なかわいらしさは観る者を魅了する。レミを導くヴィタリスには、『愛と宿命の泉』『メルシィ!人生』のフランスを代表する俳優、ダニエル・オートゥイユ。レミの育ての親、バルブラン夫人には『スイミング・プール』のリュデュヴィーヌ・サニエ。レミの人生に影響を与えるハーパー夫人には、『ザ・ビーチ』のヴィルジニー・ルドワイヤン。少年時代を回想する老いたレミ役には、『ニュー・シネマ・パラダイス』のジャック・ペランがあたり、味わい深い演技を見せている。レミと友情を育む忠犬カピ、キュートな猿のジョリクール役で、サーカスで芸の訓練を受けたボーダーコリーのダークネスとタレントとしての経験豊富なオマキザルのティトが見せるエモーショナルな名演も、忘れがたいアクセントになっている。
 フランスののどかな高地にあるシャヴァノン村で、11歳になる男の子・レミは、やさしい“ママ”と貧しいながらも幸せに暮らしていた。そんなある日、パリに出稼ぎに行っていた石切り夫の“パパ”、ジェローム・バルブランがケガを負って10年ぶりに帰宅。レミに意外な事実を告げる。レミは10年前、パリで高級な産着にくるまれて捨てられていたところをジェロームが拾った赤ん坊だというのだ。金持ちの両親が捜しに来て礼金がもらえるかも、という当てが外れたジェロームは、レミを老いた旅芸人のヴィタリスに売ってしまう。こうして“ママ”と引き裂かれたレミは、芸達者な犬のカピ、猿のジョリクールと一座を組んだヴィタリスと旅に出る。
 レミが持つ歌の才能に目をつけたヴィタリスは、彼に歌のレッスンばかりか読み書きを教えて師となり、ふたりの間には絆が生まれていく。夏になると、一座は運河に浮かぶ船で、ハーパー夫人という貴婦人が娘リーズのために開いた誕生会に呼ばれ芸を披露。
足の不自由なリーズを笑顔にしてくれたレミに、ハーパー夫人は好感を抱いていた。その数日後、大道芸を始めたヴィタリスが、警官に「違法だ」ととがめられ、逮捕されてしまうという災難が。2カ月の禁固刑となったヴィタリスの出獄まで、レミを預かってくれたのはハーパー夫人だった。夫人はそのままレミを手元に置きたいと申し出るが、ヴィタリスは「レミの将来にはもっと大きな可能性がある」と彼女に言い、レミもヴィタリスとの旅を選ぶのだった。
 さらに旅を続ける一座に、苦難が待ち受ける。森で狼に襲われそうになり、ジョリクールが病気になって死んでしまう。ヴィタリスもまた、重い肺炎を患っていた。彼らがホテルに滞在している間に、レミにリーズからの手紙が届く。ロンドンにいるレミの本当の母親がわかり、弁護士が連絡を取りたがっているというのだ。
 ヴィタリスに連れられ、ロンドンへと向かうレミ。しかしそこに待ち受けていたのは、とんでもない罠だった。レミは本当のママに会うことができるのだろうか……?

  • レミ
    心優しく勇敢な11歳の少年。フランスのシャヴァノン村で優しい“ママ”と雌牛のルーセットと幸せに暮らしていたが、出稼ぎから帰った“パパ”のバルブランから捨て子だったと聞かされ、旅芸人のヴィタリスに売られてしまう。拾われていたときに着ていた高級な産着と耳に残る子守歌だけが、出生の謎を解く鍵。歌の才能に恵まれており、師となったヴィタリスに歌のレッスンや読み書きの授業をしてもらいながら旅をしている。 
  • ヴィタリス
    芸達者な犬のカピ、猿のジョリクールと一座を組む、初老の旅芸人。実は昔、高名なヴァイオリニストだったのだが、家族を失ったことへの自責の念から過去を捨て、旅に生きている。レミの歌の才能を信じてバルブランから1年契約で買い取り、父親のようにレミを導く。
  • バルブラン夫人
    夫のジェロームが拾ってきた赤ん坊のレミに愛情を注ぎ、シャヴァノン村で11歳まで育ててくれた優しい“ママ”。パリに出稼ぎに出た夫のジェロームから仕送りを受けて暮らしてきた。10年ぶりに帰ってきた夫がレミを売り飛ばしたことを知り、嘆き悲しむ。 
  • ジェローム・バルブラン
    10年前、高級な産着をまとって捨てられていた赤ん坊のレミを拾い、シャヴァノン村の家に連れ帰って妻に託した石切り夫。妻を残して長年パリで働いてきたが、事故で足を負傷して帰郷。 レミをヴィタリスに1年契約で売り飛ばす。
  • ハーパー夫人
    ミディ運河に浮かんだ船「白鳥号」で過ごしている、イギリスの貴婦人。足が不自由な娘、リーズのために開いた誕生日会にヴィタリス一座を招び、レミと出会う。リーズを笑顔にしてくれたレミに好意を抱き、ヴィタリス逮捕という窮地に陥ったレミを助けてくれる。 
  • リーズ
    ハーパー夫人の一人娘。股関節の障害を抱え、車椅子に乗っている。同じ階級の退屈な遊び友だちとは違うレミの聡明さ、優しさ、たくましさに触れ、仲よしになる。
  • カピ
    ヴィタリス一座で芸を披露する、黒くて大きな忠犬。後から仲間に入ったレミと、すぐに特別な絆で結ばれる。
  • ジョリクール
    ヴィタリス一座で芸を披露する、お茶目で小さな猿。赤い軍服がトレードマーク。
レミ
心優しく勇敢な11歳の少年。フランスのシャヴァノン村で優しい“ママ”と雌牛のルーセットと幸せに暮らしていたが、出稼ぎから帰った“パパ”のバルブランから捨て子だったと聞かされ、旅芸人のヴィタリスに売られてしまう。拾われていたときに着ていた高級な産着と耳に残る子守歌だけが、出生の謎を解く鍵。歌の才能に恵まれており、師となったヴィタリスに歌のレッスンや読み書きの授業をしてもらいながら旅をしている。 
ヴィタリス
芸達者な犬のカピ、猿のジョリクールと一座を組む、初老の旅芸人。実は昔、高名なヴァイオリニストだったのだが、家族を失ったことへの自責の念から過去を捨て、旅に生きている。レミの歌の才能を信じてバルブランから1年契約で買い取り、父親のようにレミを導く。
バルブラン夫人
夫のジェロームが拾ってきた赤ん坊のレミに愛情を注ぎ、シャヴァノン村で11歳まで育ててくれた優しい“ママ”。パリに出稼ぎに出た夫のジェロームから仕送りを受けて暮らしてきた。10年ぶりに帰ってきた夫がレミを売り飛ばしたことを知り、嘆き悲しむ。 
ジェローム・バルブラン
10年前、高級な産着をまとって捨てられていた赤ん坊のレミを拾い、シャヴァノン村の家に連れ帰って妻に託した石切り夫。妻を残して長年パリで働いてきたが、事故で足を負傷して帰郷。 レミをヴィタリスに1年契約で売り飛ばす。
ハーパー夫人
ミディ運河に浮かんだ船「白鳥号」で過ごしている、イギリスの貴婦人。足が不自由な娘、リーズのために開いた誕生日会にヴィタリス一座を招び、レミと出会う。リーズを笑顔にしてくれたレミに好意を抱き、ヴィタリス逮捕という窮地に陥ったレミを助けてくれる。
リーズ
ハーパー夫人の一人娘。股関節の障害を抱え、車椅子に乗っている。同じ階級の退屈な遊び友だちとは違うレミの聡明さ、優しさ、たくましさに触れ、仲よしになる。
カピ
ヴィタリス一座で芸を披露する、黒くて大きな忠犬。後から仲間に入ったレミと、すぐに特別な絆で結ばれる。
ジョリクール
ヴィタリス一座で芸を披露する、お茶目で小さな猿。赤い軍服がトレードマーク。
2005年12月9日、フランス・パリ生まれ。2011年からパリ・オペラ座合唱団でボーイソプラノの歌手としてトレーニングを受け、『ヘンゼルとグレーテル』などオペラ公演の舞台でコーラスを歌う。その後、声変わりを迎えると、両親が彼をエージェントに登録。いくつかのCMモデルを務めた後、本作のオーディションでレミ役を射止めた。これが初めての映画出演。続いて2019年にはジュリアン・ラプノー監督の『Fourmi』に出演、人生に失望したパパを励まそうとするサッカー少年テオ役で、フランソワ・ダミアンとW主演を果たしている。また、アニメーション『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』フランス語版でチャーリー役の吹き替えを担当。歌も披露している。
1950年1月24日、アルジェリア・アルジェで生まれ、オペラ歌手だった父アンリの故郷、フランス・アヴィニヨンで育つ。幼い頃から舞台に立ち、70年にパリへ出て演劇界で認められるとともに映画・TVにも進出する。80年にヒットしたコメディ『ザ・カンニング/IQ=0』で注目を浴び、86年、クロード・ベリ監督の『愛と宿命の泉PARTⅠ フロレット家のジャン』でセザール賞、英国アカデミー賞の主演男優賞に輝く。以後、ヨーロッパ映画賞男優賞を受賞した『愛を弾く女』(92)『隠された記憶』(05)、カンヌ映画祭最優秀主演男優賞を受賞した『八日目』(96)、セザール賞に輝いた『橋の上の娘』(99)、『あるいは裏切りという名の犬』(04)などで、フランス映画界を代表する名優として活躍している。そのほかの出演作に『愛と宿命の泉PARTⅡ 泉のマノン』(86)、『僕と一緒に幾日か』(88)、『サン・ピエールの生命』(99)、『メルシィ!人生』(00)、『ぼくの大切なともだち』(06)『修道士は沈黙する』(16)など。また、マルセル・パニョル原作の『Marius』(13)『Fanny』(13)などで監督も手がけている。
1941年7月13日、フランス・パリ生まれ。祖父はコメディ・フランセーズの演出家、父は舞台美術家、母は舞台女優。パリの国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)を卒業。60年代前半に『鞄を持った女』(60)、『家族日誌』(62)、『堕落』(63)、『恋のなぎさ』(64)などイタリア映画に立て続けに出演、66年にはヴェネツィア映画祭の最優秀男優賞を受賞する。その後、フランスでも『ロシュフォールの恋人たち』(67)、『うたかたの日々』(68)、『ロバと王女』(70)などで、美形俳優として人気を博した。一方で、69年にはコスタ・ガブラス監督の『Z』で出演のほか製作にも手を広げ、アカデミー賞外国語映画賞を獲得。以後も『戒厳令』(72)、『タタール人の砂漠』(76)、『コーラス』(04)などで出演と製作を兼任。俳優としては『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)での監督になったサルヴァトーレ役も印象深い。また、『リュミエールの子供たち』(95)や『ミクロコスモス』(96)、『WATARIDORI』(01)、『オーシャンズ』(09)などドキュメンタリーの製作でも数々の賞に輝いている。
1976年11月15日、フランス・パリ郊外のオーベルヴィリエ生まれ。幼い頃よりモデルとして活躍し、10歳のとき『青い衝動』(87)の端役で映画デビュー。エリ・シュラキ監督の『メランコリー』(93)とオリヴィエ・アサイヤス監督の『冷たい水』(94)でセザール賞新人女優賞に輝き、スターダムに。さらに95年、エドワード・ヤン監督の台湾映画『カップルズ』に主演して国際舞台へ駆け上る。99年にはダニー・ボイル監督の『ザ・ビーチ』でレオナルド・ディカプリオの相手役を演じた。そのほかの出演作に『シングル・ガール』(95)、『プレイバック』(97)、『天使の肉体』(98)、『ジャンヌと素敵な男の子』(98)、『レ・ミゼラブル』(00/TVムービー)、『8人の女たち』(02)、『ボン・ヴォヤージュ』(03)、『マリー・アントワネットに別れを告げて』(12)などがある。
1979年7月3日、フランス・イヴリーヌ県ラ・セル=サン=クルー生まれ。子どもの頃から演劇学校に通い、10歳のときパスカル・トマ監督の『夫たち、妻たち、恋人たち』(89)で映画デビュー。00年にフランソワ・オゾン監督の『焼け石に水』で奔放な少女役を好演して一躍、人気者に。さらに、同じくオゾン監督の『8人の女たち』(02)でセザール賞有望若手女優賞にノミネートされ、翌年の『スイミング・プール』(03)でも高評価を得る。ハリウッドのファンタジー大作『ピーター・パン』(03)ではティンカー・ベル役に抜擢され、世界の注目を浴びた。その他の出演作には『モリエール 恋こそ喜劇』(07)、クロード・シャブロル監督『引き裂かれた女』(07)、『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』(10)、『愛のあしあと』(11)、是枝裕和監督『真実』(19)など。ジュリアン・ラプノー監督の『Fourmi』(19)では、マロム・パキンと再び共演している。
1970年7月22日、ベルギー・ブリュッセル生まれ。父は建築家、母は画家のサラ・カリスキー、叔父は劇作家のルネ・カリスキー。1990年にパリの舞台で俳優デビューし、93年にマルチン・ジービンスキー監督『Coupable d'innocence ou Quand la raison dort』の主演で映画デビュー。以後、『奇跡の朝』(04)、『真夜中のピアニスト』(06)、『正しい恋愛小説の作り方』(06)、『遙かな町へ』(10)、『マーガレットと素敵な何か』(10)、『ロビン・フッド』(11)などに出演。ヨアヒム・ラフォス監督の『Élève libre』(11)ではマルグリット賞の最優秀男優賞に輝き、11年に『JC comme Jésus Christ 』で初めて長編映画の脚本・監督を務めている。
1977年8月23日、フランス・パリ生まれ。パリ第3大学の映画学科を中退後、広告業界で6年間、プロダクション・マネージャーや助監督、監督としてキャリアを積む。2004年、脚本・監督を手がけた幻想的なモノクロの短編映画『L’Abominable Malédiction du Peintre Gray(画家グレイによる忌まわしい呪い)』を発表。そして2010年、大学の同級生だったエーリヒ・フォーゲルと共同脚本を手がけたホラー・スリラー『プレデターズ エヴォリューション』で長編映画監督デビューを果たした。2012年にはアドベンチャー・ゲーム『Farcry3』を映像ドラマ化したWEBシリーズ『The Far Cry Experience』を監督。さらに2014年、バカロレア(大学入試資格試験)に挑む高校生たちを描いた青春コメディ『A toute épreuve』を監督し(脚本も)、映画ファンを沸かせた。現在は、フランク・ティリエの心理スリラー小説『Rêver』の映画化を準備中。